HOME > 副理事長基本方針 > 副理事長 田代 和誠
副理事長 田代 和誠

 まちづくりにおいて新たなことを創造する源泉とは、自分たちの住む地域をどれだけ愛しているかという想いであり、その想いこそ人材育成の根幹であり、今後の地域を創る原動力です。これからの日本には、地域主導のアイディアやビジョンで社会の仕組みを変え、進化の可能性を追い求めることが重要で、それを推進し実践する政策力と実行力を持った若者が今の時代には必要です。その役割を担い先頭を走るのが、地域の青年会議所です。
 まずは、副理事長としてより地域に根ざした強い組織を構築するために、みい青年会議所の運営から委員会の運営までしっかりとサポートを行うことで、お互いに相手の能力を評価しながら個人の能力が発揮でき、個人は組織から学び、組織は個人に育てられる、敬意を抱いて学びを得ることのできる環境を整備します。そして、地域に対する愛着を強化するために、経済優先のお付き合いではなく、人と人との繋がりに重点を置き、人を深く知り、地域を広く知ることで愛情を生み出し、経験によって得られた知識を力に変えていくことで郷土愛の醸成へと繋げます。また、多くの観光客が訪れ、外国人が暮らす福岡県でインバウンドを成功させるために、目先の利益ではなく先を見据えたツーリズムの確立とリピーターの獲得をめざすことで、多くの方に我々が活動する地域のファンになってもいただける真のインバウンドに繋げます。さらに、人々に安心と安全を提供するために、団体、地域間連携を強化することで、地域の求めるものと我々が考えるものが一致し、青年会議所のスケールメリットを最大限に活かした最先端の地域災害対策の提案に努めます。
 郷土愛が醸成されたメンバーは、政策力と実行力に今まで以上に重さが加わり、共に行動する仲間は元より多く関係する方々に想いの伝播を促し、地域の未来を創造する次世代リーダーとして地域に必要とされる責任と誇りを持つ素晴らしいJAYCEEとなります。

<事業計画>
1.愛郷心醸成委員会の補助
1.福岡ブロック協議会への出向
1.夢HANABI2019の実施
1.野田宇太郎生誕祭・小郡市民まつり・わがまちクロスロード協議会の総括
1.本部交流事業の補助
1.会員の拡大
1.日本・地区・ブロック主要事業への積極的な参加
1.入会の浅いメンバー指導・育成