HOME > 副理事長基本方針 > 副理事長 三宅 淳司
副理事長 三宅 淳司
 小郡市・大刀洗町・北野町の課題を抽出しこの地域の方々へ気付きを与えより良い変化を齎すことがJCIみいの大きな使命の一つですが、会員減少による組織力や地域に対する影響力の低下が危惧されつつある今日において、創立50周年を見据えた組織力の強化は私たちの課題です。会員一人ひとりが魅力ある人財として成長し会員拡大を成功に導きJCIみいを時代に即した必要とされる魅力ある組織へと成長させ続ける必要があります。
 まずは、組織全体で会員拡大に取組む体制を構築するために、会員拡大に特化した事業や建設的な意見が交わされる会員拡大会議を行うことで、全メンバーの会員拡大に対する意識を高めます。そして、一人でも多くの魅力ある人財を入会へ導くために、組織全体で会員拡大の重要性を共有し、当事者意識を持ったメンバー全員が危機感と責任感を持って拡大に取組むことで、多様性に富んだJAYCEEへ成長を促します。さらに、継続的な会員拡大を実現する組織とするために、福岡ブロック協議会と緊密に連携し成功事例をLOMに持ち帰り実践することで、より効果的な会員拡大を実行できる組織へ変革します。また、入会対象者に自己成長と社会貢献につながる組織と認識していただくために、様々な手法を活用しLOMの魅力・活動をしっかりと地域に発信することで、これからの地域を担う青年の入会を実現します。そして、地域の子どもたちを心身ともに強い人財になってもらうために、小郡・三井少年の船へ参画し戦争の悲惨さ・平和の尊さを学び親元を離れ自ら判断し行動することで、平和を想う優しい心と行動力のある人財へ成長を促します。
 多様性に富んだ人財へ成長したメンバー全員で会員拡大を実現し、活気に満ちた魅力溢れる組織へと変革し、さらなる会員拡大につながるという好循環を生み出したJCIみいは持続可能な素晴らしい地域を実現する存在となり明るい豊かな社会を齎すと確信します。

<事業計画>
・会員拡大
・魅力溢れる組織
・夢HANABI2022の開催
・小郡・三井少年の船事業への支援
・日本本会・地区・ブロックとの連携