HOME > 副理事長基本方針 > 副理事長 千徳 正晃
副理事長 千徳 正晃

 私たちみいJCは明るい豊かな社会の実現を目指しこれまで青少年育成事業を行ってきましたが、近年デジタル化など人を取り巻く環境は大きく変化し続け、交流が激減する中でも子どもたちが夢や希望を抱くことが故郷を明るい未来へと導きます。近年、入会歴の浅いメンバーが増加している中でも一人ひとりが成長し魅力溢れる組織となり、知恵と実行力を持ちこれからの故郷を担う子どもたちの可能性を広げる一助となる必要があります。
 まずは、入会歴の浅いメンバーの成長を促すために、福岡ブロック協議会へ出向し、他LOMのメンバーとの活動の中で学び得たことをLOMへ還元することで、質の高い事業構築へ携わり、JAYCEEとしての意識喚起を促し組織力の向上へ繋げます。そして、誰もが入会したいと思える魅力溢れる組織とするために、JC運動を故郷へ発信し、当LOMの活動を多くの人に知ってもらうことで、運動の効果を高め会員候補を事業へ巻き込み会員拡大へ繋げます。さらに、子どもたちがたくましく将来を切り開いていくために、健康と運動で気付きを与える事業を行うことで、将来の選択肢が増え夢や希望に向かう人間へ成長を促します。また、思いやりや感謝の心を育んでもらうために、小郡・三井少年の船へ参画し、数日間におよぶ集団行動で自主性や協調性を養うとともに平和の尊さを学ぶことで、豊かな心を備えた人財の成長へ促します。また、これまで先輩諸氏が築いてこられた本部町との交流を絶やすことなく続けていくために、みいJCの一員であることを自覚し、友好のまち協定書を理解することで、4者の発展へ寄与しお互いの絆を深めます。
 故郷への想いが知恵と実行力を備え、一人ひとりが地域を牽引するリーダーへ成長し、故郷を担う子どもたちは環境が変化し続ける中でも将来を託せる人財に成長し、頼もしい人財で溢れた地域は住みよいまちへと発展し、明るい豊かな社会が実現すると確信します。


<事業計画>
1.福岡ブロック協議会への出向
1.ひとの魅力活性化委員会への補助
1.会員の拡大
1.公開討論会の企画・運営の補佐
1.夢HANABI2021の実施
1.入会歴の浅いメンバーの指導・育成
1.少年の船事業への参画
1.本部交流事業への支援
1.一日父さんの補助
1.日本・地区・ブロック 主要事業への積極的な参加