HOME > 副理事長基本方針 > 出向理事 髙野 佑希
出向理事 髙野 佑希
 全国的にLOMの会員数が減少傾向にあり組織の質の低下が問われる中、先輩諸氏が創設し日々その時代背景に沿い、まちづくり運動を発展させてきたJCIみいが創立50周年を迎えようとしています。JCIみいにおいても会員数が減っており、50周年に向け地域に寄り添いまちをより良く発展させていくには、会員拡大はもちろんのこと、メンバー各々が成長し、組織全体の質の向上を図り、地域の魅力を発信していくことが必要です。
 まずは、LOMで活躍できる人財となるために、福岡ブロック協議会に出向し役割を全うする中で、各LOMメンバーと共に活動し、様々な考え方や知識を得ることで、自己成長を促進します。そして、JCIみいの組織力向上のために、日本および地区主要事業へ積極的に参画し、質の高い事業を体感し、事業構築や運営方法を学ぶことで、JCIみいへ還元し、組織の発展に寄与します。さらに、持続可能で魅力溢れる地域を創造するために、地域に夢と希望を与える事業である夢HANABI2022を実施し、地域に誇れる事業があることを再認識することで、故郷を愛する想いを醸成します。また、小郡市と本部町で締結された友好のまち協定を強固なものとし、交流を深めるために、本部交流事業への支援を行い、両市町および両団体の関係を深めることで、両市町の発展につなげます。そして、感染症蔓延の影響およびライフスタイルの変化によるメンバーの減少にブレーキをかけ会員拡大を成功させるために、福岡ブロック協議会より得た会員拡大のための情報をメンバーに伝え、支援をすることで、未来の地域を牽引する仲間の増加につなげます。
 出向という担いを全うし、その中で得た知識や経験を活かせる人財となり、メンバー各々の成長を促し、質の高い多様性のある組織となったJCIみいが地域に寄り添い、より魅力的なまちづくり運動を発信し、明るく持続可能な誇り溢れる地域になると確信します。

<事業計画>
1.福岡ブロック協議会への出向
2.日本・地区主要事業への積極的な参加
3.夢HANABI2022の実施
4.本部交流事業への支援
5.会員拡大の支援