まち想う委員会 > まち想う委員会
まち想う委員会
委員長 三宅 淳司

 肥沃な筑後平野が広がる穀倉地帯と都市部への良好なアクセスを備えたこの地域は豊か な自然と住みやすさの調和のとれた他に誇れる素晴らしいまちです。一方でニュータウン の発展やライフスタイルの変化でこの地域を愛する心が希薄になっている今、青年が各種 団体や行政とともに絆を深め手を取り合い、より多くの方にまちの魅力と故郷への誇りに 意識を傾け知ってもらう契機を創り、さらにまちを想う運動を広げていく必要があります。
 まずは、3月例会事業において、我々の活動地域の小郡市・大刀洗町・北野町の人々が 夢HANABIを通じてまちの魅力を再認識するために、他団体であっても同じ志を持っ た青年たちが集いまちを想う人々の結束がより強固なものになることで、故郷の明るい未 来へと繋げます。そして、持続可能な誇り溢れる故郷を創造するために、創始の精神を継 承し一丸となって開催し続け50回目の節目を迎える夢HANABIを通して、地域の人々 に明るい希望を与え多くの気付きや意識を傾ける契機とすることで、故郷のことを考え 愛する想いを醸成します。さらに、11月例会事業において、先輩諸氏が築いてこられた 本部町との友情をこれまで以上に深めるために、両団体の歴が浅いメンバーも積極的に交流 し事業を通してメンバーの意識向上と互いの絆を 創造することで、両都市の発展に繋げま す。また、ライフスタイルや価値観の多様化により減り続ける会員に歯止めをかけ会員を 拡大するために、歴史あるJCの魅力をしっかりと外部へ発信しJCの存在を認識しても らうことで、一つひとつの事業が最大限の効果を発揮するようLOMの変革に繋げます。
 みいJCを主体とした他の団体との協働活動でまちの魅力が多くの人々に伝播したこの まちは、真剣にまちの未来を考え自発的に行動する市民に溢れ、みいJCの存在は地域から 必要とされ次の世代へ想いを紡ぎ、持続可能な誇り溢れる故郷を創造すると確信します。 




<事業計画>
1.3月例会事業の企画・運営
1.11月例会事業(本部交流事業)の企画・運営
1.夢HANABI2021の企画・運営
1.本部交流事業への支援
1.野田宇太郎生誕祭・小郡市民まつり・わがまちクロスロード協議会の支援
1.会員の拡大
1.日本・地区・ブロック主要事業への積極的な参加