愛郷心醸成委員会 > 愛郷心醸成委員会 基本計画
愛郷心醸成委員会 基本計画
委員長 田篭 茂記

 毎年、観光で訪れる外国人の人数は増加の一途を辿り、地域経済にとっても外国人観光客の動向がより重要となっている地域情勢において、地域に即したインバウンドやツーリズムの確立は必要不可欠であり、地域の人と人が繋がり地域の未来を思考することが求められます。夢と意欲に満ちたまちづくりは、地域の歴史、人、文化に愛着をもつ郷土愛が根源であり、住民が求める地域の明るい豊かな社会の実現には、郷土愛の醸成が必要です。
 まずは、外国人観光客が訪れる活気あるまちづくりを実現するために、インバウンドやツーリズムについて学び、より効果的な手法を使い地域の魅力を発信していくことで、地域に即したツーリズムとインバウンドの礎を築きます。そして、安心して暮らせるまちづくりを確立するために、各種団体との地域間連携を強化し、青年会議所のスケールメリットを活用した地域災害対策を構築することで、安心安全な地域の実現に繋げます。さらに、地域と青年会議所のカウンターパートを確立するために、地域の夢と未来を共に創り描く夢HANABI2019を開催し、地域の団結力を高めることで、郷土愛のさらなる醸成に繋げます。また、みい青年会議所の組織力を強固なものとするために、部会を有効に活用した組織運営を行い、メンバー全員が参画して夢HANABI2019を構築することで、より地域に必要とされる組織を確立します。そして、JAYCEEとして活動できていることへの感謝を再認識するために、日々お支えていただいている方々に感謝の意を表し、活動意義に理解と共感をいただくことで、相手を思いやり感謝する心を醸成します。
 地域が求める安心安全で活気のあるまちづくりに邁進する中で、郷土愛を醸成したメンバーは、地域の人と人を繋げ共に未来を切り拓く志とそれを可能にする政策力、実行力を兼ね備えた人財となり、地域に愛される組織が確立され、明るい豊かな社会を実現します。

<事業計画>
1.3月例会事業の企画・運営
1.5月例会事業の企画・運営
1.11月例会 オールメンバーの集いの企画・運営
1.本部交流事業への支援
1.夢HANABI2019の企画・運営
1.野田宇太郎生誕祭・小郡市民まつり・わがまちクロスロード協議会の支援
1.会員の拡大
1.日本・地区・ブロック主要事業への積極的な参加