45周年担当理事 > 45周年担当理事 事業計画
45周年担当理事 事業計画


担当理事 中村 竜博


 みい青年会議所は設立以降、三信条のもと、愛する故郷のために、それぞれの時代に必要とされるべく多くの事業を創り、運動や活動を展開してきました。また、これまでの歴史の積み重ねが今日の私たちの礎となり指針となっております。本年、みい青年会議所は設立45周年を迎えます。今後も先輩諸氏へ感謝の意を表すと共に、伝統としての心と誇りである郷土愛を伝承しつつ、時代に即した魅力的な団体に変革していく必要があります。
 まずは、我々の取り組む運動の推進力を向上するために、誰もが人として憧れる姿を想像できる魅力ある異業種交流会を3月例会事業で行い会員拡大を図ることで、より多くの志を同じくする青年を迎え入れます。そして、これまでの伝統としての郷土愛をしっかりと伝承し続けるために、6月に45周年記念式典を行い、40周年からの5年間の検証とこれまでの歩みと歴史を再確認し、みい青年会議所の背景をメンバー全員で理解する事で、深い感謝と誇りに繋げます。さらに、祝賀会において先輩諸氏や関係団体にこれまでのJC運動や活動への想いを改めて伺うことで、私たちがやるべきことをメンバー自身が見出し、地域に必要とされていることを再認識する機会の場とし、使命感が養われることにより魅力的な人間へと成長することができます。そして、本部町商工会青年部と今まで以上に友情を深め友好関係を強固なものにするために、友好のまち協定締結により得られる様々な可能性について真剣に議論し行政を含めた4者を率先してコーディネートすることで、これからの取り組みを深みあるものへと進化させ両都市、両団体の発展へと導きます。
 45周年事業をやり遂げることでこれからの私たちの進むべき道が見えてきます。目標が明確化することによってこれからの我々の行動指針が具体化する。それを今後のJC運動に活用することで、時代に即した地域に求められる魅力的な団体になることができます。