HOME > 理事長所信 > 希望と誇り溢れる故郷と豊かな心の創造
希望と誇り溢れる故郷と豊かな心の創造
 先輩諸氏が築き上げ半世紀近く継承することで地域に根づいた事業は多くあります。その中でも地域の方々に夏の風物詩として支持されているのが昨年50回目を迎えた夢HANABIです。昨年、一昨年は感染症蔓延の影響の中で地域の方々を勇気づけ、少しでも希望を持っていただきたいという想いのもと、地域の各種団体を巻き込みサプライズ形式にて開催させていただきました。本年も行政、商工会青年部や農協青年部、市民の方々に地域の若い力として実行委員会メンバーにご参画を仰ぎ、地域の学校と連携して未来を担う子どもたちも巻き込み、地域全体で構築する夢HANABI2022の開催に尽力致します。感染症蔓延の影響により交流が留まっている本部交流事業については、WEB会議を活用し距離に関係なく充実した会議や交流を継続しながら、現役メンバー同士が交流を深めより良い関係性で次の世代へと引き継いでいけるよう努めて参ります。地域や地域住民が抱えている課題に対してまちづくり、ひとづくりの枠を外し、双方の目的を取り入れた事業構築に邁進することで、地域の若い力と共に地域イノベーションを実現し、希望と誇り溢れる故郷と豊かな心の創造に繋げて参ります。